会員向けメニューはIDと
パスワードを入力してご覧下さい。

※ID、パスワードは「奈整振ニュース」の「もくじ」に掲載しております。

ID
パスワード

トップページ » 新着情報 » 令和6年能登半島地震 検査証の有効期間の再々伸長について

令和6年能登半島地震 検査証の有効期間の再々伸長について

2024年02月02日

令和6年1月1日に発生した能登半島地震の被害に伴い、
石川県の一部の地域に使用の本拠の位置を有する車両のうち、
自動車検査証の有効期間が令和6年1月1日から3月31日までの車両について、
令和6年4月1日まで自動車検査証の有効期間を再々伸長されるとともに、
当該被災地において救助、災害復旧、物資輸送等に使用されている
自動車についても再伸長の措置がされております。

なお、今後の状況に応じ、有効期間の再伸長及び対象地域の拡大等が検討されます。


◎対象地域◎
【石川県】
 七尾市、輪島市、珠洲市、羽咋市、かほく市、羽咋郡志賀町、
 羽咋郡宝達志水町、河北郡津幡町、河北郡内灘町、鹿島郡中能登町、
 鳳珠郡穴水町、鳳珠郡能登町


 継続検査を受検するまでに保険契約期間の終期が到来する保険契約については、
 継続契約の締結手続きが4月1日を限度として猶予されます。
 詳しくは契約先の自動車損害賠償責任保険(共済)代理店等にご相談ください。

 対象地域に事業場がある指定整備事業者における保安基準適合証及び
 保安基準適合標章の交付においても有効期間の満了日の満了する日が
 令和6年1月4日から同年3月31日までのものは、
 令和6年4月1日をもって満了する措置が適用されています。

 ただし、電子保適証サービスを利用する場合は、OSS申請ではなく窓口申請でお願いしますとのことです。

 また、対象地域に使用の本拠を有する自動車のうち、
 限定自動車検査証の交付を受けている場合であって、
 当該限定自動車検査証の有効期間の満了する日が令和6年1月4日から
 同年3月31日までのものは、令和6年4月1日をもって満了する措置が適用されています。

 有効期間を再々伸長した自動車の使用にあたっては、安全上支障が生じるおそれもあることから、
 日常点検整備を確実に実施するなどにより、適切に保守管理を行っていただく必要があります。

 

 ◎国土交通省北陸信越運輸局ウェブサイト プレスリリース◎

  自動車検査証の有効期間を再々伸長します ~令和6年能登半島地震による被害を受けて~

 ◎軽自動車検査協会◎
  自動車検査証の有効期間の再々伸長について